ツイッターのフォロワーに期待されること

PR|新宿でビジネス英会話を学ぶ|引っ越しのゴミ回収業者ならWEBマーケティングの秘訣 |

病院をブランディング力で引き出すなら|

 

 

私はツイッターで学んだのは、特定の目的で作られたアカウントでそれ以外の情報を流すのは避けた方が良い、ということです。
私は家でハムスターを飼っているのですが、そのハムスターたちが喋っているかのようなアカウントを作っている人がいました。

 

フォローをしていて、彼らの優しい言葉に微笑んでいたのですが、ある日、その人気のアカウントの飼い主さんが釣りにハマったらしく、一時そのことがずっとタイムラインに流れるということがありました。別に釣りが嫌いなわけではありませんが、皆さんが期待しているのはハムスターでしょう。

 

また、その飼い主さんが嫌なことがあったという報告をしたことがありました。普段は裏方に徹し、ハムスターが喋っているところだけをツイートしているような人だったので少しそのギャップに驚きました。

 

他の人が言っていたのですが、絵を期待されているアカウントで日常をつぶやいても誰も反応してくれなかったという寂しい思いをしたことがあるそうです。ツイッターのアカウントは、自分がしたいことをしても良いけれど、皆が期待していることに答えなければ離れていくよ、という場所だと思いました。

 

何をしても良いからこそ誰からも非難は受けませんが、黙って去っていかれるのが嫌なら期待に応えるべきだということです。
これを思うと、アカウントは2つ持っていた方が良いのかなとは思います。普段使いする方と、ハムスターならハムスターに特化したアカウントを持てば、使う本人も余計な気をまわさなくて良いので助かるかもしれません。

 

ちなみに私も似たようなことをしており、ビジネスでツイッターデータ分析をして使う方と、何気ない日常をつぶやく方とを使い分けています。複数のアカウントを持つと面倒だとも言いますが、個人的にはツイートする内容によって他人の気を損ねないか気にする方が面倒だと思います。誰もが気持ちよくツイッターを使うには、その人の性格を分けるという作業が必要なのかもしれません。

PR|心の診断|童話|オーディオ|相互リンク募集サイト|相互リンク募集中|クレジットカードの即日発行じゃけん|じゃんけん|四季の童話集|ショッピングカート住宅リフォーム総合情報健康マニアによる無病ライフ